医師の転職!新たな職場はどんなところを選ぶ!?

2016年11月25日

医師が転職を考える時は?

研修医として働き始め、そろそろ慣れたと思った時や違う分野で働きたくなった時、勤務する病院と考え方が合わなかった時に転職を考える事があるのではないでしょうか。医師の転職は珍しい事ではありません。クリニック等の医師紹介のページを見ても、数箇所の病院で勤務経験がある医師が多いです。なぜ医師が転職が多いのかというと、前職に不満があるからだけではありません。医師として勉強をかさねるにはいろいろな病院で勤務する事も大事なのです。

転職先を選ぶには何を基準にする!?

医師が現在の職場を辞めて他の病院で勤務をしようと考えたら、何を基準にして病院を選ぶかが大事です。だた給料が高いという理由では選ばない方がいいでしょう。まず自分がどうして転職しようと思ったかを判断します。更に高度な知識と技術が学びたいのか、患者の事を優先して考える病院がいいのか、全く違う分野に興味が出たのかで転職先を考える必要があります。一番は自分のやりたいと思う分野を極めた方がいいでしょう。そうすれば将来開業医になる事も可能です。

開業医になるには!?

自宅の近所にあるクリニックは、個人の医師が開業した病院です。開業は医師なら誰でもする事が出来ます。ですが開業し一人で診療を行う様になるには、自分の知識や技術に自信を持つ方でなければ出来ません。そのための知識や技術は学校学んだ事だけでは足りません。そのため大学病院や総合病院で勤務し、医師としての力をつける必要があります。そのためには自分の開業したい診療科のあるところで勤務する事が大事です。勤務医として必要な力をつけ、転職を考えた時に、開業医になるという選択肢もあります。

医師 転職にいい理由は、日本は、超高齢化社会で、医師が不足しているので、ニーズが高いし、高給だからです。